稲村樹 イナムライフ

About

稲村樹の写真

稲村 樹(イナムラ タツキ)

愛知県在住 1995年生まれ


3歳の頃から家族でスキーを始め、6歳からはスノーボードを始める。元々、家族がウィンタースポーツが好きだったということもあり、冬になると週末は家族でスキー場に行っていた。
そんな中、 12歳の時にSALOMON SNOWBOARDとスポンサー契約を結ぶことになる。その頃には平日は放課後に岐阜にある室内スキー場のSNOVA羽島、週末はスキー場というスノーボード中心の生活を過ごしていた。 当時は学校行きながらの生活だった為、練習時間が限られることもあり、より良い環境を求めて、大学の進学を辞め、高校卒業後はスノーボード中心の毎日を送ることになった。 2015年にスノーボードスロープスタイルのナショナルチーム入りを果たすが、 怪我が続いたことをきっかけに2年後、選手活動を止めることになった。 現在は、ムラサキスポーツやSALOMONの契約スノーボーダーとして活動する傍ら、選手育成や大会運営などを行いスノーボードを中心とした生活を送っている。